住宅資金 ・ 教育資金 ・ 老後資金 ・ 保険 ・ 年金 ・ 相続 ・ 税金 ・ 投資運用など


C O N T E N S














 皆様の関心事に広く対応する
 テーマを取り上げております。







 ◎ コンタクト


 ◎ サイトマップ


 ◎ リンク


 ◎ トップページ




プロフィールプロフィール

自己紹介

お金のホームドクター

 FP以外の顔



NPO活動

日本ではFPの認知はまだまだ低いと言えます。これも無理ない話しです。プロの独立FPとして活動している絶対人数が少ないことと、何回聞いてもファイナンシャルプランナー、ファイナンシャルプランニングという言葉の響きから中身が見えないことによります。

ファイナンシャルプランナーの公的資格は「FP技能士」と言います。そしてFP技能士が行う仕事を「資産相談業務」「資産設計提案業務」と規定しています。やっと日本語の説明が出てきましたが、資産相談業務と言われると「お金を増やす為の相談」か、と思われ、自分は資産家ではないからFPと相談することはない、との“誤解”を受け易いことにもなります。

そこで全国のFP仲間がFP活動の中身を良く知って頂きたいとの想いから、NPO(特定非営利活動法人)を組織し活動を行っています。現在私は以下のNPO活動に参加しています。いずれもFPの認知向上活動に取り組んでいます。

 1. NPO法人 FPコンサルタント普及協会
 2. NPO法人 くらしとお金の学校


仕事のコツ講座

“仕事をするということは、「成果の積み重ね」と「経験の積み重ね」を同時に達成すること”、といったテーマで企業あるいは、そこで働く現役サラリーマン(サラリーウーマン)を対象に教育を行っています。直接FP業務とは関係ないように思えますが、仕事を成し遂げるプロセスとFP相談業務のプロセスとは共通点も多くあります。


メンター

会社の中での人間関係が希薄になり、仕事上の悩みや問題を職場で打ち明けたり相談できる上司や先輩がいない若い人が増えていると言われています。 一方、転職することへの抵抗感が少なくなっていることから、職場や仕事の問題解決を転職という形で解決しようとしたものの、新しい職場での適応や処遇にかえって不満や不安感を増大させる結果となることも少なくありません。

そのような若手、中堅社員が会社関係に気兼ねなく相談できる機会を提供する目的で、メンターバンク東京が 2006年8月(株)に設立されました。

メンターバンク東京には各ジャンルの経験豊富なメンター(指導者・助言者)が数多く登録されており相談人のニーズに会った対応を可能としています。私も第一期のメンターとして登録し、私の経験を若い人に伝える場として活動しています

 メンターバンク東京


ハウジングライフプランナー

2009年4月より、移住・住みかえ支援機構の事業が全国展開されました。移住・住みかえ支援機構は、シニアが一時的に居住しなくなった住まいをリーズナブルな家賃で若い世代に貸し出す事業を行っています。

「マイホーム借り上げ制度」の説明

〜移住・住みかえ支援機構ホームページより〜



マイホーム借り上げ制度の利用者に対し、制度利用のアドバイスを行う専門家の資格認定がハウジングライフ(住生活)プランナーです。
今まで、この資格は、機構に登録した住宅関連会社の社員だけを対象としていましたが、全国展開に合わせ、より中立的な立場でアドバイスできる個人も資格取得の対象となりました。
FP暮らしのコツは、2009年4月に「ハウジングライフプランナーPERSONAL」の資格認定を受けました。

 移住・住みかえ支援機構
 制度の利用方法