住宅資金 ・ 教育資金 ・ 老後資金 ・ 保険 ・ 年金 ・ 相続 ・ 税金 ・ 投資運用など


C O N T E N S














 皆様の関心事に広く対応する
 テーマを取り上げております。







 ◎ コンタクト


 ◎ サイトマップ


 ◎ リンク


 ◎ トップページ






タイトル

60代共働き夫婦の物語(その1)
〜「しぇあ〜どすぺーす高井戸」が出来て4年目〜


 私と妻は共に66歳です。私は57歳直前で早期退職を選択し、独立系FPを開業しました。今年で9年目に入ります。一方、妻は長年専業主婦でしたが、4年前62歳の時に小さなお店を開店させました。そして、今夫婦二人でそれぞれの仕事を協力しながら行っています。

 「しぇあ〜どすぺーす高井戸」という小さな看板がお店の入口に掲げられています。場所は、井の頭線高井戸駅から徒歩3分のところです。“しぇあ〜ど”は「分かち合う」という意味です。私のFP事務所と妻の店がスペースを分かち合って共存している場所、という意味から命名しました。

  また、ここに来られるお客様や地域の方々が交流する(シェアする)場になるようにとの願いをこめて名前をつけたのです。

 「しぇあ〜どすぺーす高井戸」を開いて4年目に入った今、名前に込めた願いどおりのコミュニティープレイスが実現できつつあります。

 「しぇあ〜どすぺーす高井戸」を始める切っ掛けは何だったのでしょう。またコミュニティービジネスとして定着できた秘訣はどこにあるのでしょう。さらには、「しぇあ〜どすぺーす高井戸」の運営経験から見えてくるFPビジネスの可能性について、このコラムで語っていきたいと思います。




 しぇあ〜どすぺーす高井戸の入口



〜次回(その2)二つの言葉に出会う



2014.3.17  木下 利信