住宅資金 ・ 教育資金 ・ 老後資金 ・ 保険 ・ 年金 ・ 相続 ・ 税金 ・ 投資運用など


C O N T E N S














 皆様の関心事に広く対応する
 テーマを取り上げております。







 ◎ コンタクト


 ◎ サイトマップ


 ◎ リンク


 ◎ トップページ





タイトル

二人の経営者


 先日全く別の機会に二人の経営者の講演を聴きました。一人は松井証券社長の松井道夫氏、もう一人はワタミ社長の渡邉美樹氏です。松井社長52歳、渡邉社 長45歳と共に油の乗り切った年代です。一方はネット証券ビジネス、もう一方は居酒屋(ワタミでは居食屋と呼んでいます)チェーン展開と分野は異なります が、事業の改革を果敢に推し進めたことで、多くの皆さんもご存知のことと思います。事業成功の影にはお二人の生い立ち、若い時の体験・経験がとても役立っ ていることを述べられておりました。

 実は、お二人の話で全く同じ発言があり驚きました。それは税金の支払いに関してでした。松井証券にしてもワタミにしても好業績企業ですから多額の法人税を 支払っています。松井証券では前期社員一人当たり7,000万円の法人税を支払ったそうです。そしてそのことを社員にしっかり伝え、”社会貢献に胸を張 る”ことを大事にしているそうです。そして渡邉社長も企業経営の大きな目的の一つとして、”1円でも多くの税金を払う、そして一人でも多くの人を雇用す る”ことを掲げています。立派じゃありませんか。どこかの公団理事の方々に聞かせたい言葉で す。

 企業はその存続のため、お金を稼ぐことは重要ですが、稼いだお金の使い道を経営者がどの様に考えるのかはもっと大事なことのように思います。教えられることの多かった講演でした。


'05.10.1  木下 利信